华人圈

搜索

日语J-test考试必会惯用语集合

[复制链接]

220

主题

220

帖子

662

积分

版主

Rank: 7Rank: 7Rank: 7

积分
662
发表于 2018-1-10 23:56:05 | 显示全部楼层 |阅读模式



汉字假名/同义词解释例句出题频率
鵜呑みにするうのみにする囫囵吞枣,不求甚解,盲目听信彼のようなうそつきの言うことを鵜呑みにするから、とんでもないことになるのだ。4
虫の居所が悪い
心情不好,情绪不佳虫の居所が悪いらしく、ろくに返事もしない。3
飛ぶ鳥を落とす勢い
极具权势,权大遮天あの男は、今や巨大コンツェルンの総帥とひて飛ぶ鳥を落とす勢いだ。3
瓢箪から駒が出る
事出意外瓢箪から駒が出て、ヒマラヤ登山が実現することになった。3
言葉を濁すお茶を濁す含糊其辞,支吾其词あの人も立場上そうはっきり反対もできないんだろう。言葉を濁していたよ。3
八つ当たり
乱发脾气,拿..撒气彼は何か気に入らないことがあるとすぐ八つ当たりする。3
光陰矢のごとし
光阴似箭卒業後もう三十年、全く光陰矢のごとしですね。3
追い風となっている
顺风
3
縁の下の力持ち
在背后出力,无名英雄この研究が完成したのは、君が縁の下の力持ちになってくれたkらだ。3
犬猿の仲けんえんのなか水火不容あの二人は犬猿の仲だから、一緒に仕事をさせない方がいい。2
濡れ手に(で)粟ぬれてにあわ不劳而获,轻易发财彼は品不足に付け込んで、濡れ手に粟の大儲けをしたそうだ。2
目がない
①热衷于,着迷
②没眼力,没鉴别力
①彼女は甘いものには目がない。
②あんな口先だけの男を信用したとは、君もずいぶん人をみる目がないね。
2
雀の涙すずめ一点点,少得可怜奉仕活動だから、雀の涙ほどの謝礼しか出せない。2
鶴の一声
一句话,一声令下社長の鶴の一声で工場拡張が決まってしまった。2
俎の鯉まないたのこい任人宰割,听从处理私自身の責任によるものなのだから、
俎の鯉んの心境でどんな処罰にも応じるつもりだ。
2
覆水盆に返らず
覆水难收
2
閑古鳥が鳴くかんこどり(生意)门庭冷落,萧条不況で、料亭などは閑古鳥が鳴いている。2
猫の手も借りたい
人手不足,忙的不可开交注文に追われ、猫の手も借りたいほど忙しい。2
肝に銘じる
铭记在心,牢记在心恩師の言葉を肝に銘じて、学問に励む。2
豚に真珠猫に小判毫无作用,对牛弹琴子供にそんな高価なものを買ってやっても猫に小判だよ。2
言わずもがな言わぬが花不说为妙言わずもがなのkとをいって相手を怒らせてしまった。2
満更でもないまんざら未必不好,并非全不好嫌だ嫌だと言っていたけれど、お見合いをしてみたら、娘に満更でもない様子だ。2
泣きっ面に蜂
祸不单行父に死なれ、続いて火事で家を焼かれ、泣き面に蜂というものだ。2
本腰を入れる
拿出干劲,认真干本腰を入れて勉強する。2
急いては事を仕損じる
欲速则不达
2
石の上にも三年
滴水穿石,功到自然成石の上にも山で、どうにか仕事も一人前になってきた。2
がたがくる
出毛病,运行不正常十年も使っているうちに、この機械もがたが来た。2
一目置く
甘拜下风,表示敬佩彼の腕前には皆が一目置いている。2
先見の明に長ける
有先见之明地価の安いうちに土地を買っておいたのは、先見の明があった。2
耳を貸す
听从,参与商议だえ一人として私の意見に耳を貸そうとはしてくれなかった。2
苦虫を噛み潰したよう
愁眉苦脸,及不痛快。部下が収賄罪で逮捕されたニュースを、局長は苦虫を噛み潰したような顔で聞いていた。2
一事が万事
举一反三あの男は何とか言い訳をして責任を逃げれようとしているが、一事が万事あの調子だ。2
尻尾を巻く
夹起尾巴,逃走散々に言い負かされて、とうとう尻尾を巻いて逃げていった。2
元も子もない
本利全丢,什么都没体を壊してしまったら元も子もないから、そんなに無理をしないで少しは休みなさい。2
棚に上げる棚上げ(不利于自己的)置之不理人はだれでも、自分のことは棚にあげて、他人の言動を批判しがちである。2
身から出た錆
自作自受,咎由自取こんな惨めな暮しも、身から出た錆だから仕方がない。2
かゆい所に手が届く
无微不至,体贴入微かゆい所に手が届くような、至れり尽くせりの看病。2
後の祭り
事后诸葛亮,马后炮事故が起きてから安全対策を論じ合っても、後の祭りだ。2
氷山の一角
冰山一角今回摘発された汚職事件などは氷山の一角だ。2
言わずと知れた
不言而喻こんないたずらをしたのは言わずと知れた隣の子だ。2
腹に据えかねる
不能容忍,忍无可忍相手の誠意のない態度が腹に据えかねて、法廷で決着をつけることにした。2
二足の草鞋を履くわらじ身兼二职最近の歌手で俳優というような二足の草鞋を履くタレントが多くなった。2
二の足を踏む
踌躇不前,犹豫不决友人に安いアパートを紹介してもらったが、駅から遠すぎるので二の足お踏んでいる。2
元の木阿弥もくあみ前功尽弃,恢复原状二ヶ月もかけて練り上げた計画が社長の賛成を得られず、元の木阿弥になった。2
果報は寝て待て
幸運は自然とやって来るのを気長に待つべきだ、あせらないで待てばいつかは必ずやって来る、ということ2
白羽の矢が立つしらは首选,第一候选人君に次期委員長の白羽の矢がたったそうだ。2
一矢を報いる
报一箭之仇,予以反击敵に先制点を取られるとすぐ、ホームランで一矢を報いた。2
至れり尽くせり
无微不至,体贴入微十年ぶりに親友の家を訪れ、至れり尽くせりの持て成しを受けた。2
立つ鳥跡を濁さず
善始善终,走后不留麻烦立つ鳥跡を濁さずで、身辺を整理して政界を引退する。2
まゆつば眉唾出尔反尔,没信用鈴木さんの話はまゆつばだね。2
大目に見る
从宽处理,不深究田中のことは大目に見てやってよ。
悪意はなかったようだから、今回だけは大目に見てやろう。
1

カチンと来る感到生气,感到恼火上司に何か言われてかちんと来たことありますか。
あの男の傲慢な態度にはかちんと来たね。
1
一線を画する
划清界限お客さんとは一線を画するべきじゃない。
彼は選挙で既成の政党とは一線を画して戦った。
1
引っ込みがつかない
下不了台,欲罢不能あまり強気なことを言ったので、いまさら引っ込みがつかない。1
烏の行水 
洗澡洗得快私は烏の行水だから、すぐ出てきます。1
重箱の隅をつつく
吹毛求疵,钻牛角尖重箱の隅をつつくような議論はやめよう。/重箱の隅を楊枝でほじくる。1
取らぬ狸の皮算用かぬき打如意算盘合格もしないうちに入社したらなんていうのは、取らぬ狸の皮算用もいいところだ。1
のるかそるか
成败在此一举伸るか反るかの大勝負お挑む。1
習うより慣れろ
熟能生巧語学は習うより慣れろだとよく言われる。1
箸にも棒にもかからない
不可救药,不好对付箸にも棒にもかからない劣等生。1
媚を売るこび献媚,阿谀奉承あの男はたいして仕事はできないくせに、上役に媚を売るのだけは上手だ。1
思い立ったが吉日
说干就干,事不宜迟思い立ったが吉日とばかりに、早速準備にとりかかった。1
善は急げ
事不宜迟,好事快做せっかくいいことを思い立ったのなら、善は急げで早速始めたほうがいい。1
大船にのったような気分
完全放心君がやってくれるなら、大船に乗ったような気分だ。1
口を酸っぱくする
苦口婆心,苦言相劝車に注意しなさいと、子供に口を酸っぱくなるほど言って聞かせている。1
ほっぺたが落ちる顎が落ちそう非常好吃美味しくて顎が落ちそうだ。1
首を傾げるかしげる令人吃惊,纳闷一体どうしてこんな事になってしまったのだろうと、皆首をかしげている。1
目を瞑るつぶる放过,睁一只眼闭一只眼悪気はなかったようだから、今度だけは目をつぶってやろう。1
途方に暮れる
束手无策,一筹莫展,无可奈何年末だというのに金策がつかず、途方に暮れている。1
高が知れる
有限,限度模造品だから、値が張ると言っても高が知れている。1
出る杭は打たれるくい枪打出头鸟,树大招风出る杭は打たれるで、なまじ早く管理職になったため、何かと中傷されている。1
馬子にも衣装
人靠衣装马靠鞍就職試験のために初めに背広を着たら、姉に馬子にも衣装とはよく言った。1
井の中の蛙
井底之蛙日本のような島国に育つと、とかく井の中の蛙になりがちだ。1
肩を落とす
沮丧,垂头丧气不合格と決まり、がっくりと肩を落とす。1
掌を返すように
判若两人,转变很大
1
台風の目
风云人物,中心人物激動する世界情勢の台風の目となっているのは、中近東の産油国だと言えよう。1
裏目に出る
事与愿违なまじ同情したのが裏目に出て、あの男をすっかりダメな人間にしてしまった。1
的を射る
抓住要点,击中要害的を射たなかなk良い質問が出て、活発な討議が行われた。1
鳥肌が立つ
起鸡皮疙瘩鳥肌が立つような恐ろしい話。1
片棒を担ぐ
参与,合谋,帮凶知らぬ間に、悪事の片棒を担がされていた。1
背に腹は代えられない
弃车保帅,顾不了头母の形見だが、背に腹は代えられないから、これを売って治療代にしよう。1
勝って兜の緒を締めよ
不能大意敵に勝っても油断しないで、心を引き締めよ、というたとえ1
長い目で見る
放眼未来,长远眼光看この出資も長い目で見れば、必ず当社のプラスになろう。1
幸先がいい
好兆头試合が始まってすぐに得点できたとは幸先がいいじゃないか。1
弱音を吐く
叫苦一年や二年浪人した具合で、大学進学を諦めたいなどと弱音を吐く。1
見切り発車
(不经过充分讨论)施行
1
左うちわ
生活安逸,不劳而食あの時サインしていたら、今頃左うちわで暮らしていただろうなあ。1
逃がした魚は大きい
后悔莫及,非常可惜あの時無理をしても買っておけばよかったのね、逃げした魚は大きいと悔やまれる。1
焼け石に水
杯水车薪,毫无益处この災害に対し、五千万円程度の補助金では焼け石に水だ。1
目を白黒させる
惊恐,翻白眼餅が喉につかえて、目を白黒させる。1
目も当てられない
惨不忍睹,没法看下去台風が通り過ぎたあとの街は、土砂崩れや浸水家屋など、目も当てられない惨状だ。1
尾ひれを付ける尾鰭が付く夸大其词,添油加醋話に尾ひれがついて、夫婦喧嘩が離婚したことになってしまった。1
下駄を預ける
全权交给,委托处理学生の処分問題は学長に下駄を預けた。1
首をひねる
左思右想,疑惑不解原因不明の奇病に、医者も首を捻っている。1
羽振りがいい
(有钱有势)为所欲为,吃得开同期生の中では、彼が1番羽振りのいい生活をしている。1
門前払いを食う門前払いされる吃闭门羹,被拒之门玩大臣に面会を申し込んだが、多忙を理由に門前払いを食ってしまった。1
取り付く島がない
无法接近,无法搭话取り付く島もないような無愛想な返事。1
足を引っ張る
①阻挠
②捣乱,扯后腿
①同業者に足を引っ張られ、商売が苦しくなる。
②四番打者の不調がチームの足を引っ張っている。
1
肩肘張る
盛气凌人,趾高气昂相手を威圧しようと、肩肘張って交渉の場に臨む。1
眉を顰めるひそめる皱眉头,心中不快社内の不祥事を眉をひそめて語り合っている。1
満を持す
做好准备満を持して、時節到来を待つ。1
猫の額
弹丸之地,巴掌大的地方猫の額ほどの庭にせよ、ないよりましだ。1
目と鼻の先
近在咫尺,就在眼前下宿は学校と目と鼻の先にある。1
疑心暗鬼
疑神疑鬼一度、偽物をつかまされて以来、どうも疑心暗鬼になって、
骨董品を買う気にはならなくなった。
1
ミイラ取りがミイラになる适得其反,劝人反被人劝服弟を迎えに行った筈の所が自分もあがり込んでしまっては、
ミイラ取りがミイラになったようなものだ。
1
気が進まない
没心思,不积极,不想干その仕事は気が進まなければ断っても構わないという話だ。1
筋金入り
久经锻炼,千锤百炼筋金入りの組合活動家。1
カモにする
上当,做了冤大头障害者をカモにする商売は許しがたい。1
勝るとも劣らぬ
有过之而无不及弟は兄に勝るとも劣らぬ逸才である。1
無い袖は振れない
巧妇难为无米之炊金を貸してやりなくでも、無い袖は振れないからな。1
根掘り葉掘り
刨根问底,问到底事故の様子について、根掘り葉掘り尋ねられる。1
足並みが揃う
步调一致,行动统一各組合の足並みが揃わず、予定されていた統一ストはお流れになる。1
襟を正す
端正态度襟を正して先生の話を聞く。1
親の七光り
有父母做靠山,沾父母光主演女優になれたのは親の七光りだ。1
爪に火を点すともす非常节俭,非常节省爪に火を点すような生活をして、やっと家を建てた。1
歯が立たない
抵挡不住,比不上アマチュアはプロの棋士にはとても歯が立たない1
寝ても覚めても
时时刻刻,日夜故国の遠く離れ、寝ても覚めても家族のことが思い出される。1
一花咲かせる
取得成功,春风得意ここらで一花咲かせたいものだ。1
当たって砕けろ
破釜沉舟,一不做二不休当たって砕けろで銀行に融資を申し込んでみたら、意外に簡単に認めてくれた。1
目を皿のようにする目を皿にする瞪大眼睛目を皿のようにして探しまわる。1
鎬を削るしのぎ けずる激烈争夺,激战横綱同士が鎬を削って優勝を争う。1
肝を潰す
吓破胆,吓得没了魂いきなり怒鳴りつけられて、肝を潰した。1
手を拱くこまぬく袖手旁观かかる事態に政府あもはや出を拱いているべきではない。1
兜を脱ぐかぶと投降,认输彼の頑張りには、さすがの私も兜を脱いだ。1
青田買い
提前录取即将毕业学生青田買いをあまり派手にやられると、四年生が落ち着かなくなって困る。1
突拍子もないとっぴょうし(言行)异常,奇怪突拍子もないことを考える人だ。1
見るに見かねる
看不下去,不能默视近所の子のいたずらが過ぎるので、見るに見かねて注意した。1
腰を据える
安顿下来,安居,落脚東京に腰を据えてもう二十年になる。1
棚から牡丹餅
天上掉馅饼拾った宝くじが一等に当たるなんて、まるで棚から牡丹餅1
一杯食わされる
受骗,上当,吃大亏誰も来ないところを見ると、彼に一杯食わされたようだ。1
固唾を呑む
屏住呼吸固唾を飲んで横綱同士の対決を見守る。1
年貢の納め時ねんぐ罪人伏法的日子全国の指名手配され、いよいよ年貢の納め時が来た。1
歯に衣着せぬ
直言不讳歯に衣着せず、政府の外交政策を批判する。1
引けを取る
落后于人,相形见绌この店は見かけは余り綺麗ではないが、味の点ではどの店にも引けをとらない。1
頼みの綱
命根子,救命稻草今の僕には、君だけが頼みの綱だ。1
狸寝入りたぬき装睡眠っているふりをすること。空寝(そらね)1
餅は餅屋
办事还要靠行家餅は餅屋で、法律のことは弁護士に任せておいたほうがいい。1
王手をかける
拿出最后的王牌敵もいよいよ王手をかけてきた。1
尻目にかける
斜眼看人,瞧不起人喘ぎながら登っている人々を尻目にかけて追い抜き、軽い足取りで頂上に向かう。1
合間を縫う
抽空,忙里偷闲仕事の合間を縫って、二ヶ月ぶりに床屋に行ってきた。1
猫も杓子もしゃくし不管张三李四,不管是谁近頃は、猫も杓子も大学へ行きたがる。1
飼い犬に手を噛まれる
养虎为患,恩将仇报次期部長にと思っていた彼が公金を持ち逃げするとは、飼い犬に手を噛まれたようなものだ。1
灯台下暗しとうだいもと当事者迷,旁观者清灯台下暗しで、会社の近くにこんな静かな公園があるとは知らなかった。1
先んずれば人を制す
先发制人
1
腑に落ちない
不可理解,难以理解,纳闷彼のとった行動はどうも腑に落ちない。1
面目がない
丢脸,不光彩,难为情とんでもないことをしてしまい、全く面目がないと思っています。1
手も足も出ない
一筹莫展,毫无办法,无计可施石油の高騰で、中小企業は手も足も出なくなった。1
足が棒になる
两腿累的发直一日中立ちっ放しで、足が棒になった。1
墓穴を掘る
自掘坟墓彼の行為は、自ら墓穴を掘るようなものだ。1
舌先三寸
三寸不烂之舌,花言巧语今までは彼も舌先三寸で世を渡ってきたが、これからはそうもいくまい。1
付け焼刃
临阵磨枪,装模做样
1
地に足が着く
脚踏实地地面をしっかり踏みしめて立つ。堅実で安定しているさまのたとえ1
羽根を伸ばす
自由自在,无拘无束久しぶりに休暇を取って、思い切り羽根を伸ばそう。1
肩を並べる
并驾齐驱,不相上下両チームが肩を並べて首位を争う1
つうと言えばか
心心相通,默契二人はつうと言えばかあの仲だ。1
知らぬが仏
眼不见心不烦騙されたとも気かつかず、知らぬが仏で笑っている。1
泣く子も黙る
势力很大,威严很大聞き分けなく泣いている子供も急に黙ってしまうほど、威力や勢力のあることのたとえ。1
知る人ぞ知る
知情人了解,懂行人知道彼は知る人ぞ知る政界の黒幕だ。1
医者の不養生ふようじょう
人に養生を勧める医者が、自分は健康に注意しないこと。
正しいとわかっていながら自分では実行しないことのたとえ。
1
阿吽の呼吸
气息相合,配合默契指揮者と楽団の阿吽の呼吸が合った見事な演奏は聴衆を魅了した1
弁慶の泣き所
强者的弱处弁慶ほどの豪傑でも痛がって泣く急所の意1
懐が寒い懐が寂しい手头拮据,手头紧給料日前だというのに無駄使いをし過ぎて、懐が寒くなってしまった。1
暖簾に腕押しのれん徒劳无益,毫无作用いくら議論をしかけても、暖簾に腕押しで、彼は全く応じようとしない1
敷居が高い
不好意思登门,羞于登门あの失敗以来、どうも先生の家は敷居が高くなった。1
二の舞
重蹈覆辙関東大震災の二の舞お演じないために、防災訓練を繰り返し行う必要がある。1
石橋を叩いて渡る
谨小慎微,小心翼翼彼は石橋を叩いて渡る人間だから、そんな曖昧な話にのるはずがない。1
腕によりをかける
拿出全部本领,使出浑身解数腕によりをかけて作った料理1
芸は身を助ける
人有一技之长芸にすぐれていると、困窮したときにそれが生計の助けになる。1
禍を転じて福と為す

わざわいに襲われても、それを逆用して幸せになるように取り計らう1
はしご梯子する一家一家喝酒ゆうべも梯子したの。1
芽が出る
摆脱困境実力があるのに、なかなか芽が出ない1
細かい所まで工夫が凝らす

1
頭隠して尻隠さず
藏头露尾,顾此失彼犯人は、指紋は拭き取って逃げたが、頭隠して尻隠さずで、庭に足跡を残していった。1
雨後の筍
雨后春笋雨が降ったあと、たけのこが次々に出てくるところから1






本帖子中包含更多资源

您需要 登录 才可以下载或查看,没有帐号?立即注册

x
回复

使用道具 举报

发表回复

您需要登录后才可以回帖 登录 | 立即注册

本版积分规则

快速回复 返回顶部 返回列表